「evolutionG3」タグアーカイブ

Sennheiser evolution G3で 簡易イヤモニを~

あちらこちらでみられるようになったイヤーモニターシステムですが、
SENNHEISERのワイヤレスイヤモニは定評あります。
しかし、なんせA型しばりといいますか、免許申請とか現実問題簡単にはいきませんです。
そこで、テクニラボはいろいろと何とかならないものかと考えておりましたところ
ある演目で、ワイヤレスでモニターといいますか、音を演者に返せないかということで、
ワイヤレスモニターのデモのご依頼を受けたんですが・・・・・
免許の問題や現実にレンタルは難しいとのことで、頭をひねりまくったわけです。
B型でなんとか出来ないかと!!!!
B型のイヤモニというのも某メーカから出てはいるようですが、
ここはSENNHEISERで何とかしたいと思ったのであります。
以前もご紹介していますが、evolutionG3にはすんばらしいENG SETなるものがあり
その小型チューナーをワイヤレスイヤモニに使えないかと思ったわけです。
送信機は?と頭をよぎったのが、SKP2000というB型のプラグオン送信機です。
この2つを組み合わせるといけるのではと・・・
moz-screenshot
moz-screenshot-1
SKP2000をマイクスタンドにアンテナ兼送信機という形で設置して
EK100G3で受信する
これですんなりいくと思ったのですが・・・・
EKの出力ではイヤホンがドライブできないことが判明し(鳴ることは鳴るんですが、小さい)
がっかりしていたんですが、そんなことでは諦めず、なにかいいアイデアはないものかと
あった!!!!これだ!!
iPhone用のヘッドホンアンプが使えるのではないかとひらめいたのです!
音質はこの際(小脇に置いておいて)
ワイヤレスでバッテリー駆動で、しかも音量調節が出来るとなれば使える!と
小型で、バッテリー駆動が出来て安価といえばこれしか目に入りませんでした。

FiiOです!

iPhoneを送信機に接続し、EK100で受信してみました。
そこそこ使えるではありませんか~!

サイズも大きくないので、ゴムバンドか何かで固定すれば使えそうです。

ENGでの使用の時も簡易モニターとして使えそうな・・・
これで連続6時間~8時間使えれば
ふむふむ、なかなか使えるアイテムではなかろうか。

本格的なイヤモニまでとはいかないまでも、そこそこ実用的な
モニタリングシステムへのevolutionG3の活用いかがでしょうか?

この組み合わせなかなかよろしいのではと思うのですが・・・

IMG_2704

IMG_2697

ENG SET と FiiO買っても10万円でおつりきます!
是非ともお試しを~

ゼンハイザー新製品発表会番外編

2010年5月13日のゼンハイザー新製品発表会では、セミナーも行われました。
ドイツ本社よりクラウス・ウィルムッセン氏が来日され、
ワイヤレスシステムに関する興味深いお話がありました。

ゼンハイザーのワイヤレスの歴史を少し振り返りました。

昔から、ゼンハイザーのコンパクト送信機は、容積比率で
バッテリーと電子回路の割合が電子回路60%でバッテリー部が40%という割合を保っているそうです。
すごいコンセプトを貫いているんだなと感心しました。

多チャンネルは、ミュージカル”キャッツ”から・・・

日本のワイヤレス電波の状況
国際的に見てものすごく狭い帯域であることがわかります。

日本ではパワーもとても小さな10mWしか出せません。
しかし、この困難な状況で有利なのは、多チャンネルに適しているということが
ゼンハイザーの十八番(おはこ)と言うことで盛り上がりました。
電波の相互干渉 いわゆるIMをいかに少なくするかが、この技術のポイントということです。
出力がよわければ、このIMを少なくすることが容易になり、多くのチャンネルを
狭い帯域で実現することが出来るのです。
この日本にゼンハイザーの技術はぴったんこというわけです。
evolution G3 Seriesは、この技術でB帯で同時8波を実現しています。
免許なしで同時8波つかえるのはとても魅力的ではないでしょうか?
しかも、G3のアンテナ分配機は、BNCで本体の電源も供給されるので、
マルチシステム時の配線がとても少なくスッキリさせることが出来ます。
電源アダプターはこのASA 1だけに接続すればいいわけです!
この一台で4台分が接続できます。
これを2セット組むと8チャンネルプランがチューナー本体にはBNCケーブルの接続だけで
完結します。なんと驚きですね。もちろんアンテナブースターにも電源供給できます。
ワイヤレスシステムを8波組むのにそれはそれは大変なラック構成だったかもしれませんが
かなりスッキリした配線にする事が出来ます。

2000Seriesは、本体に分配機が内蔵されているので、容易に多チャンネルへと
システムがアップが出来ます。
多チャンネルの新時代の幕開けといってもいいかもしれません。

ロビーに何気なく展示されていたこのセットをテクニラボは見逃しませんでしたよ!
エボリューションワイヤードのドラムセットが展示されていました。

ステージセットも展示されていました。

ここまでくる圧巻です!

ゼンハイザーのやる気をこの発表会で強く感じ取りました。
九州の音響関係者の皆様、音を何とかしたいと思っていらっしゃる方々へ
テクニラボは音の入り口にこだわりを持つクラフトマンシップを持ったゼンハイザーを
皆様に自信を持ってお勧めして生きたと思っております。

そんなこんなで、弾丸ツアーが終了したのでありました。
ゼンハイザー新製品発表会番外編でした。