「Earphone」タグアーカイブ

MM 50 for iPhoneを試す

久しぶりの投稿になりますla_worksです。iPhone 4をGetしてからは、とにかくiPhoneに夢中の毎日です(^^;

CX300プラグさてさて、わたしが以前から使っていたSENNHEISERのCX300は、プラグの形状がL字になっており、バンパーを装着しているとイヤホンジャックにプラグを差し込むことができません。

iPhone付属の純正イヤホンは、プラグの形がストレートなのでバンパーを装着したままでも問題なく差し込み可能なのですが、いかんせん純正イヤホンでは、形の面でも音質の面でもわたしの耳には合わず、仕方なくイヤホン差し込むたびにバンパー外してCX300を使っていました。

…で、今回テクニラボで扱わせていただいている、ゼンハイザーコミュニケーションズのMM 50 for iPhoneを試すことができましたのでちょっとレポートしてみます。

MM for iPhone パッケージ MM 50 for iPhone

これはCX300とは違い、ステレオミニプラグの形状がストレートなので、iPhone for Bumpersを装着したままでもジャックにプラグを差し込むことができます。おまけに、ベースはCX300の上位機種にあたるCX400ということなので音質向上も期待できます。実際ゼンハイザーコミュニケーションズのFAQには以下のようにありました。

「MM 50 for iPhone」は「CX 300」でなく、その上位版にあたる「CX 400」をベースに開発されました。そのため音質的には中高音域の解像度が高く、全体的にナチュラルなサウンドをお楽しみいただけるようになっています。

音質に関してはエージング等によって変わってくるでしょうし、人によって聞こえ方も異なってくると思いますので、ここでは、CX300に比べてより自然な音に感じたとだけ記しておきます(上の”ナチュラルなサウンド”っていう表現と一緒やん!って突っ込まないでください)。

マイクの性能に関してですが、3G回線およびSkypeでそれぞれ試してみましたが、本体に耳をつけて話すのとほとんど変わりません。強いて言うならイヤホンマイクの方がよりダイレクトに声が相手に伝わるという感じでしょうか?

あと、いろいろ試してみて一つ判ったことがあって、音楽再生中に着信があった場合、3Gだと自動的に音楽再生が一時停止になり、マイクに付いたボタンをクリックして通話開始、ボタンを押して通話終了すると、再び音楽が再生されますが、同じように音楽再生中、iPhone 4のバックグラウンドで起動させたSkypeに着信があった場合、イヤホンには音楽が流れたままでのSkype通話になりました。まぁこれは別にたいして問題にはならないと思いますが。

MM 50 for iPhone アップ画像最後にイヤホンコードについても少しだけ触れておきます。MM 50 for iPhoneのイヤホンコードはU字型になってます。要するに片方が長くなっていて首の後ろに回すタイプですね。

これのいいところは、首の後ろに回した側のイヤホンを耳から外して使うと、片耳タイプのハンズフリーイヤホンのように使えるという点です。

このようなカナル型のイヤホンを両耳に突っ込んだまま通話するのは実は非常に話しにくい。自分がどれくらいの大きさの声で話しているのかがモニターしにくいので、ついつい声が大きくなってしまいがちです。それにもし運転中であれば、両耳にイヤホンを突っ込んで運転するのは大変危険です。でも、MM 50 for iPhoneであればそのような心配も無用です。

iPhone純正のイヤホンより音質やつけ心地が向上し、ハンズフリーの片耳イヤホンマイクのようにも使え、しかもリーズナブルであれば、iPhoneユーザーの皆さん、これはもう変えるしかないと思われませんか?

宮崎にお住まいの方は、江平にあるスマートフォンショップ・トライセラデザイン様に展示されていますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

SENNHEISER IE8はすごい表現力です!

早速、ゼンハイザーからお借りしたヘッドホンのレビューをお伝えします。
研修へ東京へいったときに、視聴してこれはすごいと思っていたイヤホンですが、またまた感動してしまいました!!

この小さな筐体からは、想像できない豊かな低音と伸びやかな中高音。
いや〜このイヤホンは耳にもしっくり、そして疲れない音です。
お値段もそれなりにするので覚悟はいりますが、購入しても決して損はしない一品です。
低域がしっかりしているのに、中高域が引っ込まないで前に出てくる。
ボーカルがしっかり聞こえ、艶やかさが十分に伝わってくるという感じでです。
解像度はモニターヘッドホンに比べると劣りますが、定位がしっかりしており表現が豊かです。
ダイナミックでここまで表現できるゼンハイザーにあらためて感心しました。

自前のイヤホンはSHURE E2cです。
こいつと比べてみると差は明らかでした。好みもありますが、E2cの良さは良さであると思っていますが、
低域の量感はかなわないという感じです。
ここ数年で、カナルタイプのイヤホンは格段に進歩したんですね〜。

特徴はこのつまみ。これは低域を調整するつまみですが、
この位置が一番低音が出ます。


久しぶりに聴いた小田和正の自己ベストは、IE8の能力も相まってすばらしいリスニングタイムとなりました。
iPhone,iPodをお持ちのみなさん、是非一度IE8をお試しください。
IE8を装着して、目を閉じると今まで聞こえなかったすばらしい世界がきっと聞こえると思いますよ。

このケースも良くできてます!イヤーアタッチメントも豊富に揃えてあり、
フックもついているので、いろんな耳にフィットします。

ゼンハイザーカナルイヤホンIE8、こいつはすごい!ほんとに。