「ハンドヘルド Sennheiser evolutionWirelessG3 SKM300 SW Mute」タグアーカイブ

G3 ハンドヘルド送信機 SKM 300-835 G3-JB

Sennheiser evolution Wireless G3の特徴的なモデルである
ハンドヘルド送信機 SKM 300-835 G3-JB をご紹介します。

なんといっても、多機能のスイッチ機能を手元に備えたモデルとなっています。
重量は、450g(本体のみ)です。
重いか、軽いかは使ってみてから判断してもらえるとうれしいです。
確かに、ずしっと重厚な重さを感じるのは事実です。
しかし、これがまた一層の安心感を与えてくれるのも事実なのです。
特徴的な部分はアンテナ部分です。このアンテナがすばらしい!能力を発揮し、
150mの飛距離を実現しています。
もちろん、この部分を握ってしまうと飛びが悪くなってしまいます。
このアンテナが見えるようにマイクを握って歌う、しゃべるのが、カッコイイですよ〜
しかも、飛びますよ〜10mWで150mはすごいことです!!

メインスイッチ赤い丸いボタンです。
長押しで電源が入ります。

表示は3種類、周波数&名前、バンクメモリ&周波数、名前&バンクメモリ
共通でAF(音声レベル)表示、P(パイロットトーン)、バッテリ表示

簡単セッティングSYNC可能な赤外線ポート

設定はジョグダイヤルで行います。

多機能Muteモード

音声ON/OFF                         電波ON/OFF                       PTT(押したときON)


PTM(押したときOFF)             SW無効

いい場所にSWがあるんです。

手にしっくりくると思います。

なかなかのしっくり感です。ずっしりと言うより、しっかり握れる感じです。
もう少し軽くなることもきっと課題なのかもしれませんが・・・

ヘッドは簡単に外れます。e 835ヘッドが標準で付いてます。

この835が型番に反映されてます。
SKMはハンドヘルド送信機を表し、300はシリーズ名 835はヘッドの名前というわけです。
おしりに付くJBは日本のB型という意味です。Jのみだと日本のA型になります。

しかも!上部のみ外れます。

分解するとこうなってます。

この部分のパーツもあるので、交換可能です。
ココまでばれるので、少しへこんでも修正が可能なのがうれしい作りです。

ほんとうに、使えるハンドヘルド送信機SKM 300-835 G3を是非一度使ってみて下さい!

これまでの商品紹介をご覧になっておや??と思われた方もいるかもしれません。
そうなんです!ゼンハイザーのG3シリーズは、送信機の単体売りはあるのですが、
受信機の単体売り設定が無い!のです!!!
次回は、歌にトークにオススメで、しかもコストパフォーマンスの高い
ew 500-935 G3 送受信機セットをご紹介します。

お問い合わせは
有限会社テクニラボ 徳丸まで
info@techni-lab.co.jp
050-5539-5210