ゼンハイザー新製品発表会番外編

2010年5月13日のゼンハイザー新製品発表会では、セミナーも行われました。
ドイツ本社よりクラウス・ウィルムッセン氏が来日され、
ワイヤレスシステムに関する興味深いお話がありました。

ゼンハイザーのワイヤレスの歴史を少し振り返りました。

昔から、ゼンハイザーのコンパクト送信機は、容積比率で
バッテリーと電子回路の割合が電子回路60%でバッテリー部が40%という割合を保っているそうです。
すごいコンセプトを貫いているんだなと感心しました。

多チャンネルは、ミュージカル”キャッツ”から・・・

日本のワイヤレス電波の状況
国際的に見てものすごく狭い帯域であることがわかります。

日本ではパワーもとても小さな10mWしか出せません。
しかし、この困難な状況で有利なのは、多チャンネルに適しているということが
ゼンハイザーの十八番(おはこ)と言うことで盛り上がりました。
電波の相互干渉 いわゆるIMをいかに少なくするかが、この技術のポイントということです。
出力がよわければ、このIMを少なくすることが容易になり、多くのチャンネルを
狭い帯域で実現することが出来るのです。
この日本にゼンハイザーの技術はぴったんこというわけです。
evolution G3 Seriesは、この技術でB帯で同時8波を実現しています。
免許なしで同時8波つかえるのはとても魅力的ではないでしょうか?
しかも、G3のアンテナ分配機は、BNCで本体の電源も供給されるので、
マルチシステム時の配線がとても少なくスッキリさせることが出来ます。
電源アダプターはこのASA 1だけに接続すればいいわけです!
この一台で4台分が接続できます。
これを2セット組むと8チャンネルプランがチューナー本体にはBNCケーブルの接続だけで
完結します。なんと驚きですね。もちろんアンテナブースターにも電源供給できます。
ワイヤレスシステムを8波組むのにそれはそれは大変なラック構成だったかもしれませんが
かなりスッキリした配線にする事が出来ます。

2000Seriesは、本体に分配機が内蔵されているので、容易に多チャンネルへと
システムがアップが出来ます。
多チャンネルの新時代の幕開けといってもいいかもしれません。

ロビーに何気なく展示されていたこのセットをテクニラボは見逃しませんでしたよ!
エボリューションワイヤードのドラムセットが展示されていました。

ステージセットも展示されていました。

ここまでくる圧巻です!

ゼンハイザーのやる気をこの発表会で強く感じ取りました。
九州の音響関係者の皆様、音を何とかしたいと思っていらっしゃる方々へ
テクニラボは音の入り口にこだわりを持つクラフトマンシップを持ったゼンハイザーを
皆様に自信を持ってお勧めして生きたと思っております。

そんなこんなで、弾丸ツアーが終了したのでありました。
ゼンハイザー新製品発表会番外編でした。

Sennheiser 新型ワイヤレス登場! Wireless 2000 & evolutionG3 Wireless

2010年5月13日PM1:30から、東京秋葉原のUDXシアターで、Sennheiser 新製品発表会が行われました。
待望の、新型のワイヤレスシステムの日本登場です!
テクニラボも13日強行弾丸東京日帰りでいってまいりました!!

コンパンダーにHDXを使用したプロフェッショナルモデル2000シリーズと
3世代へと飛躍的にバージョンアップしたevolution Wirelessシステムが発表されました。

こちらが2000シリーズ

展示されていた現物です。

EM2050 ダブルチューナー

こちらがG3のラインナップです!

300シリーズに待望のリモートスイッチが付きました!

300シリーズにはハンドマイクにもスイッチが付いてます!!

EM 500 G3

EM 300 G3

EM 100 G3
ギターリストに捧げるモデルです!
ギターチューナーが装備されました。
これで、チューナーにつなぎ直してチューニングする手間が
省けます。また、システムに音を出さずにすむのも便利です!

リアパネル (EM 500 G3)

特徴としては、ゼンハイザーご自慢の多チャンネルで高音質です。
A帯、AX帯、B帯を合わせると条件によりますが39chの同時使用が可能なシステムです。
それを実現するのが新しいEM 2050というダブルチューナーです。
アンテナスプリッターを内蔵し、最大8台までリンク出来ます。
またチャンネルの状態を監視できるPCとのリンクもイーサーネットで実現しています。
WSMとよばれるソフトウエアを(Win&Mac対応!)PCへインストールし、
多チャンネルの電波状態、電池の残量などをモニタリングできるシステムです。

evolution G3 500,300はこのシステムに対応しています!
残念ながら、エントリーモデルのEM 100では、このシステムは使えません。

テクニラボが扱うevolution G3の魅力を上げたいと思います。
① B帯で、8波同時使用ができる!
  しかも、簡単にセッティングができる!(赤外線シンク機能)
② 300シリーズでスイッチが付きました。
  このスイッチは、多機能で、音声ミュート、RF(送信OFF)、
  PTT(押した時ON)、ミュート(押した時OFF)、
  の4種類の動作です。
③ 2000シリーズと同じマイクカプセルが使える!
  965(ピュアコン、2特性切替ヘッド)や、935,945のヘッドが使えます!
④ お求めやすいリーズナブルな価格になりました!
⑤ 300、500はWSMに対応し、PCとのリンクで電波状況が把握できる!

一番は、この価格でこの音を実現している!というところです!
当日は、ScoopOnSomebodyさんが、ライブデモで2000のマイクを使って歌ってくれましたが、
有線好きのTAKEさんが、御納得した音であることもうなずけます。


  ↑ 作る人                   
  ↓   歌う人(自称 昔ながらの歌い込むボーカリスト)

935のマイクヘッドがついた、500シリーズはボーカリストにマイマイクとして
テクニラボのオススメです!
300,500にはEQも装備されています。納得の音作りがワイヤレスで可能になったのです!

300シリーズは、待望のスイッチ付きのワイヤレスマイクとして万を期して登場しました。

ベルトパックにもハンドマイクにもスイッチが付いています。
様々なシュチエーションでこのワイヤレスシステムは、学校やホテルなどで大活躍してくれると思います!
聞きにくかった音が、クリアでしかもつやのある音になるんですから、
もうこれは、皆様入替を真剣にご検討されるのではと思っております。

100シリーズは、ギターリスト向けの機能が追加されています。

ギターチューナーが内蔵され、ギターパフォーマンスの自由度をさらにパワーアップしております。
エントリーモデルですが、音質はなんといっても妥協をゆるさないゼンハイザーサウンドです。
一度使ってみれば、きっととりこになるのではないかと思います。

九州で、ワイヤレスマイクでお困りの方は是非一度ご連絡下さいませ。

有限会社テクニラボ
info@techni-lab.co.jp
Skype:050-5539-5210

e901と902併用のインプレッション

どうも、la_worksです。一週間も経ってしまいましたが、先週の金曜日、宮崎市にあるライブハウスSR BOXのイベントで、SENNHEISERジャパンからお借りしていたデモ機を幾つか試してもらいました。

e901(左)とe902(右)

e901_view.jpg e902_view.jpg

e905(左) e906(右)

e905_view.jpg e906_view.jpg

902は以前もデモで使ってもらったのですが、今回はコンデンサのバウンダリー、901と併用した場合の評価を頂くことができました。

905はスネアに、906は基本ギターアンプの音を拾うマイクです。以下はPAの園田さんからのコメントです。

  • 立ち上がりがメッチャいい
  • 余すとこなく音が出てくる
  • ゲインも高い
  • 902はEQいじる前にすんなり音が出る、フラット。なので901で音作りができる
  • 組み合わせて使うことではっきり音が出る
  • 52では拾えないような音も素直に拾ってくれる
  • 902はケーブル刺す位置が後ろについている分出っ張ってギターさんに蹴られることがあった
  • いい音はいい音で出てくる反面、悪い音は悪い音で出てくる

なるほど。。。という感じで、さすが!普段から音作りに携わっている現場からの生の声でした。

S社のマイク(あっそうか、SENNHEISERもSか!だからアメリカのS社と言った方がいいですね)の方がどうしても有名な訳ですが、一度使ってもらえればドイツの”S“のポテンシャルの高さを分かってもらえると思います。

ワイヤードでもワイヤレスでも、ドイツのS、SENNHEISERのマイクロフォンを使ってみたいという方は、ぜひテクニラボにご一報を!

Mail:info@techni-lab.co.jp
Tel:0985-71-3174

Sennheiser HD 650 はすばらしかった!

Sennheiser は音の入り口はもちろん、小さな音の出口というか、
一番先に出てくる出口であるヘッドホンも製造しています。
iPhoneユーザーやiPodユーザーにはゼンハイザーのCanal型ヘッドホン(イヤホン)は
かなり有名になってきたようですが、オープンイヤータイプのヘッドホンはかなり前から製造しています。
HD 600というモデルは聴いたことがあったのですが、HD 650というモデルがあちらこちらで
高い評価を得ているとのことで聴いてみたいという要望があったので、
ゼンハイザージャパン様にお願いしてお借りしました。

印象は、すこぶるいいものでした。
ヘッドホンアンプを使えばさらに実力を発揮することでしょう。
しかし、わたしはあえてiPhoneで試聴してみました。
一言で表現すると、自然な音ということでしょうか、1時間ぐらい聴いても
疲れず、しかも解像度が高く音に包まれているという感じでした。
特に、低域が豊かに表現されていると思います。しかし、それでいて
バランスよく高い方も調和がとれているのです。
音場が広いというか、とんがっていないというか、
そのままの自然な音を表現してくれるのです。
まさに、ゼンハイザーの音という感じです。
HD 800にフラッグシップは譲った形になっていますが、
このHD 650は完成形に近いモデルだと思います。

眠りにつく前の至福の一時をこのHD 650と過ごしたくなりました。
iPhoneとヘッドアンプの組み合わせでエージングしてつかうと、きっと
もうステレオシステムは私にはいらないかもしれません。

この実力を見せつけられるとHD 800と比べたくなってしまう私でした。
HD 800は展示会やショールームで試聴したのですが、じっくり聴いてみたくなりましたね。

九州インポートオーディオフェア

Time Scheduleどうも、@la_worksです。

一週間経ってしまいましたが、2010年1月27、28日に福岡市民会館で開催された、九州インポートオーディオフェアをのぞいてきましたので簡単にフォトレポートします。

今回は(株)SENNHEISERジャパンの社員お二人と@technilabとわたしの4人で28日に行ってきました。SENNHEISERのS氏とY氏は会場各所で捕まっていました(笑)

右画像はタイムスケジュールです。

ちょっとピンボケですね、下手くそ自分(-。-;)

下画像は会場になった福岡市民会館

Rolandブース (っん?インポート?まっいいか!) TOAのブース デジタルワイヤレスが展示されていました。 SHUREとかAKGとかElectro-Voiceとか… 大ホールではデモ視聴が行われていました。ちょうどオタリテック株式会社さんがd&b audiotechnikを紹介していました。会場の各所ではMacが活躍していました。やはりサウンド関係はMac強し! その他会場内の風景等を… というわけで、オーディオ最新情報を目の当たりにしてきたのでありました。以上、写真から雰囲気だけでもお伝えできればということでレポートしておきます。

e908の活用事例

どうも、la_worksです。うちの代表(tokuteck)のエントリーとゴチャ混ぜにならないよう、今後は自分と分かるようにしたいと思います。まぁ、テクニカルな代表とわたしとでは記事の内容に余りにも差があり過ぎるので、名乗らなくても分かる(笑)、という部分も実はあるのですが。

さて、先週はevolutionワイヤードのデモ機があったので大忙しでした…いや大忙しは言い過ぎですね、プチ忙しでしたw

中でも先週末の土曜日夕方、宮崎観光ホテル東館、Tea Lounge ひまわり前で行われた人前結婚式にて、バイオリンとフルートの演奏があり、そこでe908を使って頂くことができたのは非常にラッキーでした!

ではその様子をほんの少しだけ…

e908_1

最初は後ろから飛び出す感じに、演奏者の方も少し違和感を覚えられたようですが、次第に慣れてくださったようです。率直なご意見として…

  • 音はいい(これがいちばん大事)
  • 慣れるとマイクの位置を意識せず自由に動ける
  • 逆にプレーヤ側でマイクとの距離を調節できない

などを頂戴いたしました。いずれにしても、こうしたグースネック(フレキシブルアーム)型のマイクロフォンがあると、楽器演奏者の表現の幅はぐっと広がるのではないかと思いました。

マウントの仕方は楽器にクリップで挟むだけです。腰の辺りに付けられているアダプターを外し、ミニプラグをワイヤレスのボディパック送信機に差し込むと、ワイヤレスでも使用可能になる優れものです。

e908_2 e908_3

フルート奏者の方もe908が気になられたようで、フルートにも装着できないのかとのご質問を頂きました。直接取り付けることは難しいようですが、何らかの工夫をすればフルートにも取り付けられそうですので、いずれそういった方法もご提案してゆけると思います。ちなみにフルートにはe945が使われました。

100123demo

今後も様々なシーンでのSENNHEISER evolution ワイヤレス、ワイヤードの活用方法を探っていきたいと思います。

いつもご協力頂いている音響オペレーター、Sound Garageの田尻様、それからP.Iブライダルの中間様、この度はどうもありがとうございました。

SENNHEISER evolution を使ってみたいという、イベント関係者ならびに楽器演奏者の皆様。ご一報戴ければワイヤレスマイクならデモ機をご準備していますので試して頂くことができます!

ワイヤードの方も、今回の908のような特殊なマイクはすぐにお試し頂くことはできませんが、ご相談をお受けすることはできます。

今後とも、九州で唯一SENNHEISER evolutionのセールスパートナーとして活動しているテクニラボをよろしくお願いいたします。

Mail:info@techni-lab.co.jp
Tel:0985-71-3174

ホールでもゼンハイザーエボリュションを!

1月20日水曜日に、宮崎県の北の方へ(いわゆる県北ってやつです)デモへ足を伸ばしました。
延岡市に行ってきました。宮崎市からは約2時間ぐらいかかります。
宮崎県って南北に長いんですよ〜。文化も微妙に違うみたいですね〜
さてさて、お邪魔したのは、市内にあるホールです。
そちらの舞台管理をしているところにアポをとりまして、デモさせて頂けることになりました。

ワイヤード、ワイヤレス共に試して頂けました。
ワイヤードは  e 945がお気に召されてみたいですが・・・、
e 935をお試しいただいたところ、こちらのほうがいい!と私お薦めの
モデルに共感いただけてうれしかったです!

ワイヤレスのデモもしました。
音の違いにびっくりされておりました。
到達距離もロビーまで出ても途切れることはありませんでした。
舞台袖にちょこんと立てたロッドアンテナで、座席後方の隅のほうまで
問題なく受信できておりました。

舞台上でこんな実験をしてみました。
パーカッションが無かったので・・・箱馬をつかって・・

コンデンサーもこんな感じで使ってみました。

ワイヤレスもヘッドをさまざま差し替えてデモしてみました。

835ヘッド、935ヘッド、865ヘッド 個性がそれぞれ出ておりました。
ゼンハイザーエボリューションワイヤレスの特徴でもあります。
ヘッドが交換できるんです。これはアドバンテージ高いと思います。

ゼンハイザーエボリューションはホールでも十分通用するシステムと言えるのではないでしょうか?
ホール管理者のみなさん、ゼンハイザーエボリューション ワイヤード、ワイヤレスを使ってみられませんか?
ご用命は、宮崎県宮崎市のテクニラボへ

ゼンハイザーエボリューション ドラムセットデモ

1月22日の金曜日、宮崎市内のライブハウスへゼンハイザーエボリューション 
ドラム用マイクをデモさせて頂きました。関係者の皆様ご協力ありがとうございました。
↓下の記事で、セッティング等の写真はあるので、それはそちらをご覧ください。

まずは、キック用 e 902 です。

アタックの切れ味のすばらしいサウンドを表現してくれます。
好みはあるかもしれませんが、切れのいいアタック音が拾えます。
SHUREのBata52Aをお使いでしたが、歯切れが良かったのはe 902ではなかったかと思います。
アウトのシステムとの絡みにもなると思いますが、
飽和することなく切れのいいキック音を望むのであれば、こいつはお薦めです。
突き上げ感がたまらなく気持ちがいいですよ〜。

タム、スネアに使える e 904です。

小さなボディに詰め込まれた、ゼンハイザーサウンドを体験していただます。
リムに固定できますので、セッティングがとても楽です。
デモして頂きましたが、きっとにっこりされているに違いないと思います。
立ち上がりが鋭い切れのいい音がしっかり出ておりました。
このマイクはドラムには欠かせない存在になって欲しいと願っております。
スネアには e 905をぜひこちらで試して頂ければと思っております!!

こいつもトランジェットレスポンスに優れた万能選手です。
ぜひ一度お試し頂ければと思います。

トップには e 914を使いました。定番の形ですね〜
そんなにこれといって特徴はないですが、素直な音を拾ってくれます。

パスフィルターがついていて、とても使いやすいコンデンサです。
感想としては、使いやすいマイクではないだろうかと思います。
とんがってないというか、邪魔してないというか、
伸びやかな高音がゼンハイザーらしかったです。
これも好みがあると思いますが、
組み合わせて使うと能力を発揮するモデルではないかと思います。

今回ドラムセットをデモする事が出来、あらためてゼンハイザーの実力を
知ることが出来たように思えます。
是非、今度は本番での使用感のレポートが出来ればと願っております。
音の入り口にこだわるゼンハイザーを今後ともよろしくお願い申し上げます。

e902,e904,e914デモ

SENNHEISERジャパンからドラムマイクを数種お借りできましたので、昨日宮崎市にあるライブハウス、SR BOXに持って行き使って頂きました。


大きな地図で見る

e902です。
e902

e904です。 タムとスネアに4本使ってもらいました。e904.jpg

e914を2本、シンバルにセットしました。コンデンサです。e914.jpg

協力してくださったドラマーの方、すいません、名前とバント名聞いていませんでした(-。-;)ありがとうございました。あと、PAの園田さんもいつもありがとうございます!srboxdemo.jpg

今後もデモ機を借りることができれば、イベント等でぜひ使って頂こうと思っています。宮崎屈指のメジャーなライブハウスで使ってもらえれば、SENNHEISERサウンドを少しずつでも広めていけるのではないかと考えていますので、どうぞよろしくお願いします!

肝心の音質ですが、こちらはいずれうちの代表がレポしてくれると思います。わたしは余りの迫力にただただ圧倒されてしまうだけでした(笑)

CDが売れなくなり、これからはライブの時代だと言われているようです。皆さんもライブハウスに足を運んで、ライブ独特の一体感、迫力、盛り上がりを体験しましょう。

その裏で、最高の音質を届けようと日々精進しておられるPAの方々の努力や、マイクをはじめとする機材の存在があることも時には思い出して頂ければと思います。もちろん、SENNHEISERのことも…

SENNHEISERサウンドをほんの少しだけ…

昨晩、宮崎市にありますシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート43階でプライベートライブが行われ、デモ機を使って頂く機会がありましたのでこっそり覗いてきました。

使って頂いたのは、SENNHEISER evolutionのワイヤード、e945とe845です。YouTubeに動画をアップしましたのでよかったらご覧ください。確か、女性ボーカリストが945で男性ボーカリストが845だったと思います。

動画ではそれぞれソロの曲ですが、ほとんどの曲はデュエットで歌われました。やっぱりライブはイイですね、本当に素晴らしい歌声でした。

このような機会にSENNHEISERマイクロフォンを提供できとても良かったです。

もしライブやイベント等でSENNHEISER使ってみたい方は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。ワイヤード・ワイヤレス短期間お貸ししてお試し戴くことできます!

info@techni-lab.co.jp

最後にこの場をお借りして、blog掲載を許可してくださったシェラトングランデ・オーシャンリゾート様、ならびにアツタウエディングスの熱田様、そしていつも懇意にしてくださっている、サウンド・ガレージのjota様に感謝いたします。