九州インポート・オーディオフェア2012

2012年1月18,19日、両日福岡で行われた九州インポート・オーディオフェアに行って参りました。
例年にもまして、大勢の方のご来場にちょっぴりの驚きと関心の高さに今後の期待をもった展示会でした。
展示場所は、全く去年と変わらずで、お隣さんもお顔なじみという和気あいあい感満載で開始となりました。
今年も、音の入り口にこだわるゼンハイザーブースにてお手伝いさせて頂きました。

まずは、デコレートマイクでつかみはOKです!!

新製品のMK4,MKH8060を展示してお客様をお迎えしました。

ワイヤレスもイヤモニもしっかりと展示してアピールです!

ワイヤレスのヘッドがこんなに簡単にそして豊富な種類が揃っているのは、
このシリーズの強ーいアドバンテージです。

デジタルのさらなる進化と、それを支えているアナログの技術の底力とインポートのアイディア力も垣間見た展示会でした。
周波数移行のドタバタがある中での、オーテクさんの新しい??ワイヤレスの登場はえっ?という感じもありましたが、
これは、裏返せばワイヤレスが老朽化してきている・・・需要はあるが、障害(改変)があるということが
表面化してきたということであるのかもしれません。
早く、解決して先に進んでして欲しいものです。

例年行われている大ホールでのスピーカー試聴会と小ホールでの小型スピーカーの試聴会に
加え、今回はマイクの試聴会が行われました。
音の入り口に出来ることがあるというアピールが出来るいい機会となったのではないかと思っております。

気になるデジミキもチェックしてきました。

小規模の現場ではこいつが活躍するでしょうね〜

もちろん、こちらのブースでもしっかり、情報入手してきましたよ〜

都昆布くんをドライブしているこのラックの完成度に目が行ってしまいました。

完成度というと、このヘッドセットには・・・脱帽ですね。

さぁ〜、ゼンハイザーの音の入り口のアピールを今年もガンガンしていきますよ〜
もちろん、さりげない音の出口のK-arrayもしっかりと提案していきたいと思っております。
よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

最後に、現場で録った知ってそうで知らないバッテリーの外し方をご紹介します。

SENNHEISER evolution G3 500Series How to

2012年はEar Monitor をもっと身近にしよう!の巻

2012年もよろしくお願い申し上げます。
さてさて、年明け早々ですが、テクニラボは今年もいろんな提案をしていきたいと思っております。
ワイヤレスのB帯には、イヤモニシステムが存在していないのですが・・・・
ステレオでなければ、モノラルであれば、身近なもので代用できちゃうんです。
代用といいますか、かなりいいレベルのモニタリングが可能なのであります。
これまでテクニラボとしては、
簡易イヤモニとして、SENNHEISERの組合せでこのシステムをご紹介してきました。

 

もっと身近に、Ear Monitorを活用できないかと・・・

このモデルをじっと眺めていたら

このセットに、Fiio加えるだけで、Easy Ear Monitor System 出来るではありませんか!!

(まぁもっと早く気づいていたんですけどね・・・)

上が下になるってことです!!

しかも、とっても、とってもリーズナブルで、しかもSENNHEISER ですから、安定度は抜群です!

B帯で、安価なのに高音質なイヤーモニタリングシステムが構築できてしまうのです!

これは、試す価値アリアリです!!

 

実は~、2011年末、東京在住のアーティストにお試しいただきました。(結構自信満々に勧めてしまいました)

 

ご自分のマイマイクSKM G3 965ヘッドで、このEasy Ear Monitorを使用していただきました。
御使用後ご感想を、こんなコメントを頂けて、うれしゅう限りでございます!!

”このシステムの可能性には、正直驚きました!!
安定して150m以上の運用が出来ることは、アーティストにとって強い味方です。
モノでのモニターが好みなのでこのスタイルは使えると思います。
ヘッドホンアンプとのレベルバランスのマッチングが取れた時の使い勝手は
素晴らしいと思います。
簡易イヤモニという言葉が合わないぐらいのイヤモニといっても過言ではないかもしれません。”

HP : http://www.cia-records.info/
Blog : http://ameblo.jp/akira-style/
Fan Page: http://www.facebook.com/pages/akira-miyao/123831391030041
Artist/宮尾 明

 

イヤモニならでは、いやぁ~ありがとうございます。(オヤジギャグすんまそん)
レポートでも頂きましたが、ミックスとヘッドホンアンプのレベルバランスには
気を遣う必要ががあるかもしれませんが、十分に使えることが実証されたことを
本当にうれしく思っております。
さらに長距離の安定した運用への対応もこれからの課題として取り組みたいと思います。
アーティストの宮尾様 丁寧なレポートを頂き、誠にありがとうございました。

テクニラボがひらめいたEasy Ear Minitor Systemは、
ステージの自由度をもっと、さらに高めるアイテムであることには違いありません。
Ear Moniは、もうすぐ手の届くところにあります。

アーティストの皆様、PAエンジニアの皆様 Easy Ear Monitor 使ってみませんか?

 

info@techni-lab.co.jp
050-5539-5210

Techni-LAB co.ltd.

KB1の使い道 レストランライブの巻

テクニラボがオススメしているDSPミキサー内蔵の小型パワードスピーカー K-arrayのKB1のポテンシャルは大きく広いです。
ウエディング会場での中距離のカバーフォローから、スピーチ等でのしっかりした音声拡声、そして、先日の講演会等でのモニターとしての使用など、多用途に使えます。
ミキサー内蔵ですから、小規模会場でのライブにももってこいのサイズと音質です!
ワイヤレスマイクと、キーボードを直接つないで、電源を入れれば、ミニライブがいつもより、
格好良くそしていい音で楽しめます。
今回は、宮崎市内にあるソリッドグリーン様でのライブでこのKB1を使わせて頂きました。

セッティングは、こんな感じです。

会場の雰囲気もなかなかいい感じでした。

肝心の音はというと、オーナー様にとても気に入って頂けたようで、
いいライブになったと喜んで頂けました。
FBにしっかりとその時の様子が掲載されておりました。こちら
今週末のライブにも是非使いたいとのことで、KB1出動です!
導入が、決まってくれるといいのですが・・・
その時のレポートもお楽しみに!

KR100S デモ 野外の巻

AUGM2011で使用したKR100Sですが、野外イベントで使ってみたいとのリクエストに、
お答えして、使って頂きました。
都城のウェルネス交流プラザのイルミネーションの前で行われたダンスコンサートです!


いつもは、ディレイSPを設置されるそうですが、ここまでちゃーんと届いておりました。
「よく飛びますね〜、しっかり低域も出てますね」とご評価頂きました。


さりげない感じの設置です。


ダンスの邪魔をしない、COOLなゴキゲンサウンドで、イベントを行うことが出来ました。
K-array KR100S は、中でも外でもしっかり使えるパワードSPです。
ご用命は、テクニラボまで、宜しくお願い致します。
さてさて、残り少ない2011年ですが、K-arrayを使ったイベントデモはまだまだ続きますよ〜

AUGM 宮崎2011

2011年12月3日 宮崎市内のインタークロス社屋で
Apple UserGroup Meeting AUGM宮崎2011が開催されました。
テクニラボは、音響機材提供という形で参加させて頂きました。

前日の夕方から、仕込みを・・・
社屋エントランスを用いた会場です。

こんな場所に、つぉーい味方が、コレです!

KR100Sをデモという形で使わさせて頂きました。

演者の返しモニターにはKB1を使いました。


奥の2階への階段からのアングルです。かなり細長いスペースです。
でも・・・、無問題でした。
クッキリとした音を届けることが出来ました。
演者の皆様からも、高評価をいただき、大変嬉しく思います。

音の入り口は?って
そりゃもちろん、SENNHEISERを使いました。

林 信行氏の基調講演のショットです。
MKE 2のピンマイクにSK300G3の組合せです。
テーブルは、ISのME34とME35を組み合わせてセッティングしました。

お話にもありましたが、TechnologyとLiberal Artsの接点への認識が
コレからは必要なんだなと、そのためにはInspirationをかき立てるものが
重要で、創造性を高めていくのだと思いました。

このような画像を使った講演会には、SENNHEISERとK-arrayの
組合せは絶大な効果を発揮するのではないかと確信した一日となりました。
AUGM宮崎のスタッフの皆様 ご協力ありがとうございました。

eneloop proは凄かった。

Sanyoブランドのeneloopシリーズに、proがラインナップされたので、早速ワイヤレスで実力を試してみました。

高容量と自己放電抑制を両立したプロ仕様の新充電池とある。期待大です。

普通のeneloopが1900mAh
proが2400mAh  25%のアップとなっています。
充電回数が、1500回から500回になっています。(残念)

単三4本パックを地元の量販店で¥1,700で購入しました。

充電済みとのことで、開封しそのまま実験開始!

SKM 500-935G3-JBにて連続送信がどの位出来るかをテストしました。

電源投入直後ですが、バッテリーゲージは、1つ減った2つからのスタートでした。
これは、普通のeneloopでも同様です。
2つが長くて、1つになると要注意ということですね。

eneloop proは、この2つ表示の時間が長い、長い!
ゲージが1つになるまで、なんと8時間30分でした。
送信が安定しなくなるまで受信機がLowBattery表示が出るまでには
ここから、1時間20分でした。
送信機のPowerLEDが点滅をしても、まだ本体のインジケータは
しっかりと点いていました。

eneloop pro フル充電しておけば、9時間30分は連続使用可能という結果でした。
もちろん、条件によって差が出ると思いますが、アルカリ電池よりも使えるのは
間違いないと思います。

以前は、アルカリ電池が最強で、(特に金パナ)(この神話ももろく崩れ去っていますが・・・)
電池を複数持つのが最適だとされてきましたが、このeneloop proの出現で
ワイヤレス送信機との組合せが常識になるのではないかと思います。
単三電池2本仕様の送信機であれば、4本セットを持っておけば
Rhと本番なんにも心配要らないですよね〜。
短い本番なら、2日ぐらいの連チャンでも難なくこなせると思います。
それに充電器があれば、無問題ですね。

電池の箱を持ち歩かなくても、ストックしなくてもいけそうな気がする〜
そんな、夏の実験でした。
デモの現場でも試してみたいと思います。

音の入り口にSENNHEISERを。ひとつこだわってみませんか?

音の入り口はとても重要な要素だと思います。
この入り口でいろんな問題を解決するか、否かになるからです。
ゼンハイザーは、音の入り口にこだわっています。
しかも、多くの方々に受け入れられるために、安価でそして堅固なモデルを製作しています。

evolution シリーズは、その一端を担っているシリーズと言えます。
セッティングが簡単なこと、そして特性が優れていること、それでいてCPが高いこと
それが、このシリーズの特徴です。

900シリーズはその中でも高い性能と順応性をもったモデルラインナップです。
特に楽器に合わせたラインナップが揃っております。

まずは、一度お試しになることをおすすめしております。
テクニラボは、音の入り口にこだわるゼンハイザーをもっと多くの皆様にお届けしたいと願っております。

ラージダイヤフラムコンデンサマイクロフォン SENNHEISER MK4 日本登場!

2月18日突然、発表になりました。
1インチの24 金製 トゥルーコンデンサーカプセルを搭載したスタジオ用マイクロホンです。
ラージダイヤフラム採用のゼンハイザーお初のスタジオ用コンデンサということになりますね。
なんとなく、C-38を想像してしまうのは私だけでしょうか?

MK 4 のトランスデューサーは、あのNEUMANNと同じ無塵室で製造されています。
頑丈なメタルボディーとショックマウント内蔵カプセルにより、激しい現場利用にも耐えられます。
スタジオでの収録に、はたまた頑丈なのでステージでも存分に威力を発揮してくれることでしょう。
特性は、カーディオイドです。
詳細はこちらを
MKS 4 サスペンションがかっこいいんですよ。憧れですよねこのスタイル

George Whittam reporting from NAMM 2011: Sennheiser MK4 mic

ラージダイヤフラムでゼンハイザーは、音の入り口にまた一歩新しいものを送り出してきました。

早く、音を収録して試してみたいものです。これからが楽しみなラージダイヤフラムコンデンサマイクロフォンです。

ヘッドホンアンプとの組み合わせでもっと愉しく!

SENNHEISERは、ご存知の通り、マイクだけでなくヘッドホンの製造メーカでもあります。
ヘッドホンを気軽に愉しむアイテムとして、ポータブルプレーヤーとの組み合わせがありますが、
そこに、ポータブルなヘッドホンアンプを組み合わせるとさらに愉しくなります。
上には上があるのですが、気軽に手に入れられるヘッドホンアンプを
エバーグリーンさんから入手しました。
上海問屋さんと言えばもうお分かりでしょう!

あんまり、音は期待はしていなかったんですが、
結果としては、ニンマリって感じです。
この価格でこれだけ表現できれば合格です!
1万円台のヘッドホンアンプも試してみたいところですが、
ひとまずは、これで愉しめそうです。
ちなみに、E5というヘッドホンアンプも別の用途で使ってるんですが、
ワイヤレスの簡易モニターのアンプとしても今度試してみたいと思います。
E5と比べた感じは、低音好きならE5で、クリアさを求めるならこいつかなと思います。


決して互いに悪くはないと思います。
しかし、上には上があるということは事実として受け入れておかないといけませんね。


気軽に、そして愉しくなるアイテムであることは間違いありません。
みなさんも一度お試しを

九州インポートプロ・オーディオフェアに行ってきました!

2011年2月2,3日の両日福岡市民会館へ九州インポートプロ・オーディオフェアへ行ってきました。
販売代理店の立場としては、呼ばれていませんが、メーカであるゼンハイザージャパン株式会社さんの
お手伝いが出来ればな〜と思い、はるばる宮崎から足を運んだのであります。

会場で見つけた面白い製品
赤外線センサーでマイクをオンオフする装置(ノイズレス)

注目のスピーカーK-arrayはこれです!超小型ラインアレイスピーカー

小型パワードラインアレイスピーカー KR 200S

デモで絶対に借りて試したと思います!

ホールではスピーカ試聴会が企画されており、様々なメーカのスピーカのデモが行われておりました。

各メーカが所狭しと展示しておりました。

平面スピーカユニット

測定関連も展示されてました。このスペアナ面白そうです。

ゼンハイのブースも導線の通路ということもあり盛り上がっておりました。

関心は、やっぱり!SKM5200だったのかな??と・・・
しかし、イヤモニにも高い関心があったように思います。
試して使いたくなる演出を今後はもっとしていけたらな〜と感じました。

プロ・オーディオ機器に高い関心のある九州で、もっとゼンハイザーを浸透させたいと願う
テクニラボでありました。
また、来年も面白い機材を探しに訪れようと思います。