SENNHEISER のヘッドホンの定番といえばコレでしょ。

お久しぶりの更新です。
チェック用のヘッドホンをそろそろ変えてみようかなと思い、
やっぱ、SENNHEISERかなとHD25Ⅱを借用して聴いてみました。
結果は、なるほどね〜というものでした。

これまで、SONY CD900STがチェック用だと信じてましたが・・・

実際に聞かれるものとの差が大きいので、
ある意味チェック用にならないのではと思うようになりました。
このヘッドホンは確認用としてはすごいと思いますが、何せ耳がイタイ!つらい!
用途としては合っていると思いますが、こんな音で聞き続けられないでしょう。

数年前から使っているのが、コレ

なんとも使い勝手いいのです。
お値段も安いですし、気軽に使えますし、音もそこそこしっかりしてます。
(そこそこというのがミソです)
へんな味付けなく聴かせてくれるモニターヘッドホンだと思います。
強いて言えば、低音はテクニカだなと思わせる音ですかね。

そんでもって、コレ

低音がすごくスッキリしているのにしっかり出ている。
それでいて高域もうるさくなく、キレイに聞こえる。
フィット感という意味での耳の圧迫感はあるけど、
(耳に当たるパッドが痛くなりそう)
遮音性はかなりあります。
モニターとしてはかなりいけていると思った。

なるほどね〜ゼンハイザーは音の入り口と出口にこだわりを
持っているんだな〜と思いました。

うるさい中で、音をチェックするときにはこれは
かなり使えるアイテムですね。

な!!なのに、わたしはコレに手を出してしまったのでありました。
まだ音もしっかり聴いてないのに、PX 360を注文してしまったのでした。

なぜかというと・・・コレと比べたいからです。
SenncomのMM550TRVEL

聴きたい方は、AUGM宮崎2010の片隅に展示しますので、
御一聴下さいませ。
聴き比べてみるのも一つの楽しみかもしれませんよ。

Senncomの新しいカナルタイプのヘッドセットも展示しますので
ぜひともお耳に・・・ゼンハイザーサウンドを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です