SENNHEISER Wireless 2000シリーズ

ゼンハイザーのG3Wirelessと同時発表された1クラス上の2000シリーズを
ゼンハイザージャパン様からお借りできましたので、ご紹介致します。

ダイバシティチューナ EM 2050

2ch搭載のチューナーです。
デザイン的には、G3を2つ合わせたものですね。
赤外線シンク、ヘッドホンモニター、表示もG3と同じです。

ギターチューナーも搭載してます。G3では、100と500シリーズに搭載しています。

もちろんWSMでPCコントロールもできます。Win&Mac対応です。
DLは、ココからできます。もちろん無料です。

ハンドヘルド送信機 SKM2000  A帯からB帯までカバーします。
形状は、ほとんど、いやほぼG3と同じですね。色が黒なのでシックな感じです。

EM 2050には、アンテナ分配器も搭載されているので、8台16chが簡単に構築できます。
オプションで出力トランスを装着することが出来ます。
多チャンネルを安全にしかも簡単に構築するならこのモデルはすばらしいと思います。
もちろん、コストもそれなりにかかりますが・・・・

SKM 2000は、マイクヘッドは、別売りの設定です。
G3シリーズと共通のマイクヘッドですので、様々なマイクヘッドを選択することが出来ます。
今回は、ピュアコンのマイクヘッド965をお借りしました。
カーディオイドとスーパーカーディオイドの切替スイッチが付いています。
ヘッドホンモニターで聴いた感じは、すごく伸びやかな高音で、しっかりした輪郭のある音でした。
女性ボーカルに使うといいな〜という感じを持ちました。
個人的には、935のヘッドがオールマイティというか、いろいろと使える気がします。
色は3色あります。 ブラック、メタルブルー、ニッケル です。


その他 835,845,865,935,945,965のヘッドが選択できます。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください